中学生「人を殺してみたかった」 青森・八戸の女児切り付け

中学生「人を殺してみたかった」 青森・八戸の女児切り付け

 青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同市立中学校の男子生徒(14)が「誰でもいいから人を殺してみたかった」と供述していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。事件当時に持っていたとみられるかばんから、数本のカッターナイフが見つかっていたことも判明。カッターは既に県警に任意提出されている。

 捜査関係者によると、生徒は12日午後8時すぎ、八戸市内の塾にいるところを捜査員が見つけた。下校途中に事件を起こした可能性がある。県警は14日、男子生徒を送検した。事件前後の詳しい足取りや、女児を襲った動機を調べる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る