W杯観戦客に強盗未遂容疑 バングラ人バー経営者ら3人逮捕

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)観戦のため来日していたイギリス人男性から金を奪おうとしたとして、警視庁組織犯罪対策2課は14日までに、強盗未遂の疑いで、東京都港区西麻布、バングラデシュ国籍のバー経営ホッセン・リアット容疑者(39)ら男女3人を逮捕した。

 組対2課によると、男性はマッチングアプリを通じて知り合った中国籍の女(24)=同容疑で逮捕=に誘われ、ホッセン容疑者が経営するバーに入り、飲食代としてカードで93万円を支払わされた上、さらに金を要求されたという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る