一家殺害現場住宅の取り壊し協議 東京・世田谷、警視庁と遺族

一家殺害現場住宅の取り壊し協議 東京・世田谷、警視庁と遺族

 2000年12月に東京都世田谷区で宮沢みきおさん=当時(44)=の一家4人が殺害された事件で、警視庁成城署捜査本部が証拠保全の捜査を全て終え、遺族側と現場住宅の取り壊しについて協議していることが15日、同庁への取材で分かった。事件は来月末で発生から19年となる。

 捜査本部によると、犯人の指紋やDNA型などの客観証拠の他、屋内の様子を3Dで再現するために必要な資料の収集を今年に入り全て終えた。住宅は築約30年で、外壁に亀裂が入るなど倒壊の恐れがあり、同庁は3月、取り壊しを遺族側に打診した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る