JR山手線、16日始発から運休 新駅建設、56万人に影響予想

JR山手線、16日始発から運休 新駅建設、56万人に影響予想

 JR山手線の3分の1に当たる区間が16日、始発から長時間にわたり運休する。来春、品川―田町間に高輪ゲートウェイ駅が新規開業することに伴い、線路切り替え工事を実施するため。JR東日本は影響を56万人と見込む。運休区間には上野、東京、品川の各駅が含まれ、新幹線との乗り換えなどほかの路線の利用客も注意が必要だ。

 JR東によると、1987年の会社発足以降、山手線で運休が出る工事は初めて。16日は大崎―東京―上野間が始発から午後4時ごろまで運休し、反対側の大崎―新宿―上野間は通常の7割程度の本数とする。午後6時ごろ、全線で通常に戻る予定だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る