小学生2人はねられる、北海道 同じ学校の教諭逮捕、命別条なし

 21日午前7時45分ごろ、北海道釧路市愛国東2丁目の道道で、横断歩道を渡っていた近くの小学校に通う小学2年の男児2人が、同じ小学校に勤務する男性教諭(42)の乗用車にはねられた。2人は頭などを打ったが、命に別条はない。

 釧路署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた教諭を現行犯逮捕した。教諭は「(朝日が)まぶしくて前が見えづらかった」と話している。

 釧路署によると、現場は片側2車線の直線道路。信号機のある横断歩道で、小学校からの距離は約200メートル。男児2人は通学中、男性教諭は通勤途中だったとみられる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る