札幌市豊平区で昨年12月に起きた爆発で住居が被害に遭い、精神的苦痛を受けたなどとして、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」の近隣マンションに住む約10世帯約30人が16日、同店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」に対して、計約5500万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴する。

 原告側代理人の小野寺信勝弁護士によると、住民らは住居の窓が壊れ、その状態で半年以上の生活を強いられるなどの被害に遭った。

 爆発は昨年12月16日に発生。店内で消臭スプレーを大量に噴射した後、元店長の男性が瞬間湯沸かし器をつけて爆発に至ったとみられる。