東京都町田市の駐車場で乾燥大麻を所持したとして、警視庁町田署は28日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、東海大の男子学生(22)と卒業生の男(22)を現行犯逮捕した。

 東海大を巡っては今月、硬式野球部員の大麻使用疑惑が発覚し、同部が無期限活動停止となった。神奈川県警が野球部の寮を家宅捜索するなどして捜査している。

 町田署によると、逮捕した男子学生は「野球部員ではなく運動部にも所属していない」と説明している。パトロール中の警察官が2人に職務質問し、小袋に入った大麻を見つけた。署が入手経路などを調べている。