福岡、鹿児島両県で子ども3人の遺体が見つかった事件で、鹿児島県警は27日、鹿児島の幼児2人について、遺体の状況から殺害された疑いがあるとして捜査していることを明らかにした。遺体が発見されたホテルの4階から飛び降りた父親とみられる40代の男が関与したとみている。

 また宮崎県内で見つかったレンタカーが今月18日に借りられていたことも判明。借り主は3人の父親だった。福岡県警によると、車内から未使用の練炭が見つかった。父親が無理心中を図ろうとした疑いがあるとみている。両県警は、25日に福岡県飯塚市の集合住宅から遺体で見つかった男児の死亡経緯などを調べている。