花を手に、性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が8日、国連の「国際女性デー」に合わせて各地で開催された。東京では刑法の性犯罪規定改正が議論されている法務省前で女性たちが次々とスピーチし、「日本よ、変わろう!」とプラカードを掲げた。先月のデモでは東京五輪組織委員会会長だった森喜朗氏による女性蔑視発言にも抗議しており、参加者は「あきらめずに声を上げることで、社会は変わる」と訴えた。

 デモは、2年前に性暴力の罪に問われた男性に対する無罪判決が各地裁で相次いだことに抗議して始まり、オンライン上も含め、各地で毎月開かれてきた。