警視庁麻布署は22日、東京都港区の宝石店内で包丁を持っていたとして、銃刀法違反容疑で自称20歳の男を現行犯逮捕した。男は「埼玉で2人刺した」と話しており、麻布署は同日夕にさいたま市で男性2人が切り付けられた事件との関連を調べている。

 同日午後11時ごろ、港区六本木5丁目の宝石店の店員から「客が刃物を持っていそう」と110番があった。男は刃渡り約18cmの包丁をズボンの右ポケットに入れていたという。

 埼玉県警によると、同日午後5時半ごろ、さいたま市大宮区のマンションで、運送会社社員の男性2人が男に刃物で切り付けられた。2人は頭部を負傷したが命に別条はない。