独立行政法人が発注した医薬品の入札で談合したとして、独禁法違反罪に問われた医薬品卸売大手アルフレッサの元病院統括部長、五味信幸被告(62)ら3人と、法人としての同社は10日、東京地裁の初公判でいずれも起訴内容を認めた。