大阪府河南町の森田昌吾町長(64)や町職員ら約50人が、13日から始まった高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン集団接種に先行し、医療従事者などの枠でワクチンを接種していたことが13日、町関係者への取材で分かった。国の接種に関する手引では先行接種の対象に「医療従事者等」と明記。医療従事者ではない関係者も含まれる。

 森田町長は取材に「自分も接種現場に滞在して状況把握や改善指示などを行っており、今回の接種が問題とは考えていない」とコメントした。