神奈川県は14日、県立の知的障害者施設「中井やまゆり園」(中井町)で、入所者の男女2人の居室を、夜間を含めて1日8時間以上施錠する虐待があったと発表した。2人が入所前に住んでいた県内の自治体が13日、身体拘束に必要な「一時性」の要件を満たさないとして、障害者虐待防止法に基づく虐待と認定した。

 同園の菅野大史園長は記者会見で「安全確保のためにはやむを得ないと思ったが、認識が甘かった。入所者におわびしたい」と陳謝した。

 県によると、2人には強度行動障害があった。中井やまゆり園では2月、身体拘束が50件確認された。