さいたま市大宮区のJR大宮駅前のビルにあるインターネットカフェに男が立てこもった事件で、捜査員が人質の女性店員とやりとりしており、けがはないとみられることが18日、埼玉県警への取材で分かった。ネットカフェからの通報後、20時間超が経過した同日午後も、捜査員が店員を解放するよう説得を続けている。

 県警によると、ネットカフェは大宮区にあるビルの6階と7階で営業。男は成人とみられ、7階にある鍵付きで開口部のない防音の個室ブースに立てこもり、インターホンで捜査員とやりとりしている。17日午前10時ごろ、客として1人で入店。金銭の要求はしていないという。