京都府は18日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除後の21日から、京都市をまん延防止等重点措置の対象区域とし、感染対策を講じた飲食店には午後7時までの酒類提供を認めると決めた。