25日午前、大阪市西成区天下茶屋東2丁目の住宅街の崖が崩れ、その上に立ち並んでいた住宅のうち、2棟が数メートル下に相次いで落ちた。大阪府警によると、けが人はいない。最初に崩れ落ちた住宅の近くで水漏れがあったことに異変を感じた近隣住民がパトロール中の警察官に相談。警察官が周辺に避難を呼び掛けていた。

 住民が撮影した映像には、午前7時半ごろに1棟目が崩れ落ちる様子が写っていた。2棟目の崩落は午前10時半ごろだった。崖の下で老人ホームの建設工事が行われていたとの情報があり、府警が関連を調べている。

 現場は大阪メトロ阿倍野駅から南西約500メートルの住宅街。