大型の台風8号は25日、発達しながら日本の東を北寄りに進んだ。27日ごろには東日本から東北に接近して上陸する恐れがあり、気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、27日夕方までの24時間予想雨量は多い場所で東北100〜200ミリ、関東甲信100〜150ミリ。28日にかけて雨量はさらに増えるとみられる。27日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北、関東甲信20〜24メートル(25〜35メートル)。波は東北、関東甲信6メートル。