総務省が27日公表した6月の人口移動報告(外国人を含む)によると、東京都からの転出者は転入者を583人上回り、2カ月連続で人口流出を示す「転出超過」となった。東京都には6月20日まで新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されており、同省担当者は「感染拡大の影響で、東京を離れる動きが続いている」との見方を示した。

 昨年6月は、東京都への転入者が転出者を1669人上回り、人口流入を示す「転入超過」だった。今年6月は、転入者数が昨年6月より184人増え2万9224人だったのに対し、転出者は2436人と大幅に増え2万9807人だった。