福島県営あづま球場(福島市)で28日、野球日本代表「侍ジャパン」がドミニカ共和国に逆転サヨナラ勝ちしたが、大歓声は響かなかった。同県での競技開催はこれで最後。新型コロナウイルス対策で無観客のまま福島県の“復興五輪”は幕を閉じた。地元では「球場で見たかった」とファンが落胆する一方、「日常と何ら変わらない」との声も聞かれた。

 チケットが当たっていたという福島市の小学6年、川野太陽君(11)は日本代表を一目見ようと朝から福島市内の代表宿泊先ホテルの前に。「コロナだからしょうがないけど、少しぐらい観客がいてもいいのでは」と不満げだった。