福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生ちゃん(5)が送迎バス内で意識不明の状態で見つかり、死亡した問題で、バス到着後、40代の女性園長と一緒に降車作業に当たった女性保育士が県警に「車内を十分に確認しなかった」と話していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。

 2人は作業中、バスの中で泣いていた別の園児をあやしていたことが市への取材で既に判明。園長も県警に「(冬生ちゃんの降車を)確認したわけではない」と説明しており、冬生ちゃんを降ろし忘れた疑いがあるとみて、県警は業務上過失致死容疑も視野に調べている。