東京パラリンピック日本代表選手団の河合純一団長は5日、熊谷俊人知事と千葉県庁で面会し、競技会場がある自治体の児童や生徒にチケットを配布する「学校連携観戦プログラム」を維持し、観戦機会を確保するよう要望した。

 パラ大会の観客の扱いは決まっておらず、政府や大会組織委員会は8日の東京五輪閉幕後に対応を決める見通し。河合氏は「限界に挑戦するパラアスリートの活躍を目の当たりにすることで『気付き』を与える教育効果が期待できる」と説明し、熊谷氏は「要望を重く受け止め、組織委などと協議したい」と応じた。