天皇陛下は21日、皇居内の生物学研究所の隣にある田んぼで恒例の稲刈りをされた。皇居での稲作は、農業奨励のために昭和天皇が始め、陛下は即位に伴い、上皇さまから引き継いだ。

 収穫したのは、うるち米のニホンマサリともち米のマンゲツモチ。陛下が4月に種もみをまき、5月に田植えした。黒い長靴姿の陛下はこの日、しゃがみながら、右手に持った鎌で20株の稲を丁寧に刈り取った。

 宮内庁によると、今年は長雨が続いたが、稲は約1メートルの高さに育ち、作柄は平年並みという。収穫したコメは皇室の神事に使われる。