20日午前11時35分ごろ、島根県隠岐の島町の北方約200キロの日本海で、航行中のコンテナ船から「転覆船を発見した」と海上保安庁の巡視船に無線通報があった。第8管区海上保安本部(舞鶴)によると、現場海域で韓国漁船「11イルジンホ」(72トン)の転覆を確認。乗組員は韓国人3人と中国人4人、インドネシア人2人の計9人で、全員が見つかっていない。

 8管によると、現場は新日韓漁業協定によって日韓が操業可能とされている暫定水域。海保や韓国海洋警察庁が航空機などを派遣して捜索したが、風が強く波が高いため難航している。