北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、海上保安庁から依頼された専門業者「日本サルヴェージ」の潜水士が19日午後、深い海での作業を可能にする「飽和潜水」で船内を捜索した。斜里町の現地対策本部によると、行方不明者についての手掛かりは得られなかった。

 深さ約120mの海底に沈んだ船の内外を直接調べたのは初めて。不明者の捜索は早ければ20日に終了、調査は引き続き行う。

 作業は当初、午後1時ごろの開始予定だったが、午後3時半ごろへ変更。潜水士は午後4時過ぎに水深約100mまで水中エレベーターで降り、午後5時過ぎに内部へ入った。