北海道・知床半島沖で観光船「KAZU 1(カズワン)」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」が24日、カズワンを斜里町沿岸部の浅い海域へえい航中、船体が落下、水深約180mの海底で発見された。

 カズワンは23日に当初沈んでいた水深約120mの海底から約20mまでつり上げられ、ゆっくりとした速度でえい航されていた。第1管区海上保安本部(小樽)によると、24日午前10時20分ごろ、サルヴェージ社から落下の連絡があった。約1時間半後に水中カメラが海底でカズワンを見つけたという。1管と同社は詳しい状況を調べ、船体の再引き揚げに向け調整している。