北海道・知床半島沖で観光船「KAZU1」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」は26日、えい航中に水深182メートルの海底に落下した船体の引き揚げ作業を開始した。無人潜水機で前日にカズワンの前部と後部に取り付けていたナイロン製ベルト2本を、同社の作業船「海進」からワイヤで下ろした鋼鉄製の枠に接続。ワイヤを巻いて海面上まで船体をつり上げ、26日夜にも海進の甲板上に載せる予定だ。

 海上保安庁によると、つり上げた船体はベルトやロープを使って「横抱き」と呼ばれる手法で海進の左舷側に固定。26日夜にはウトロ港沖の浅い海域に移動し、クレーンで甲板上に載せる。