国内観測史上初めて6月に40度超の最高気温が群馬県伊勢崎市で観測された25日に続き、26日も北・東日本の太平洋側を中心によく晴れて気温が上がり、この週末は各地で異例の猛暑が続いた。25日に40.2度だった伊勢崎市は26日も36.8度まで上昇。2日連続で全国トップとなった。西日本でも今年最高気温となる観測点が相次いだ。

 北日本から西日本は27日以降も当面は気温がかなり高い状態が続く恐れがあり、気象庁は熱中症対策を呼びかけている。

 26日は東京都心部の気温も記録が残る1875(明治8)年以降の6月の最高気温と並ぶ36.2度に達した。