東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域のうち、福島県大熊町の特定復興再生拠点区域は、30日午前9時に避難指示が解除された。帰還困難区域で住民が暮らせるようになるのは、第1原発立地自治体では初めて。