ホテル運営会社「ホテルマネージメントインターナショナル」(HMI、東京)が東京国税局の税務調査を受け、約20億円の申告漏れを指摘されていたことが7日、関係者への取材で分かった。グループ会社の再編を巡り、吸収合併した子会社の欠損金を自社の損失として税務処理して所得を圧縮していたが、国税局は租税回避行為と判断したとみられる。

 関係者によると、東京国税局は過少申告加算税と合わせ約5億円を追徴課税した。

 HMIは「現時点ではコメントできない。後日対応する」としている。