乗客乗員520人が死亡した1985年の日航ジャンボ機墜落事故から37年となった12日、現場の「御巣鷹の尾根」(群馬県)に遺族らが慰霊登山した。墜落地点の尾根に立つ「昇魂之碑」などで犠牲者を悼み、空の安全を祈願。新型コロナ禍で入山は3年連続で遺族ら関係者に制限された。

 高齢の遺族も多く、今年は初めて命日の登山を断念した人もいる。事故の風化を憂慮する声も上がった。

 遺族らは、朝から尾根に点在する犠牲者それぞれの墓標を目指し、時折足を止め、息を整えながら登山道を進んだ。墓標に花を供え、静かに手を合わせる姿が見られ、昇魂之碑で黙とうし「安全の鐘」を鳴らした。