茨城県境町で15日夜、走行中の乗用車が対向車からコンクリート片のような塊を投げ付けられ、茨城県警が器物損壊事件として捜査していることが18日、県警への取材で分かった。乗用車を運転していた千葉県の男性会社員(43)によると、投げ付けられた塊は20センチ大。茨城県警は18日、被害届を受理し、対向車の行方を追っている。

 男性によると、15日午後9時ごろ、境町の境大橋を走行中、車の前面に塊が衝突。フロントガラス全体にひびが入り、穴も開いた。ドライブレコーダーを確認すると、対向車線を走る黒っぽい車の窓から、何者かが物を投げ付けるような様子が写っていた。