台風17号は27日、小笠原諸島に最接近しながら北寄りに進んだ。気象庁は大雨による土砂災害のほか、暴風、うねりを伴った高波に警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、父島では27日午前2時40分ごろ、最大瞬間風速33.4mを観測。今後は次第に進路を東寄りに変えて北東へ進み、30日までに本州のはるか東で温帯低気圧に変わる見込み。

 台風17号は27日午前6時現在、父島の北西約70キロを時速30キロで北北西に進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25m、最大瞬間風速は35m。中心の東側330キロ以内と西側220キロ以内では風速15m以上の強風域。