元陸上自衛官の五ノ井里奈さん(23)が性被害を訴えた問題で、防衛省は29日、内部調査の結果、セクハラ行為があった事実を認め本人に謝罪した。所属の中隊で日常的に性的な発言や身体接触のセクハラがあり、2020年秋から昨年8月、演習場の宿泊施設で押し倒されるなど被害があったと確認した。関与の隊員の特定を進め速やかに懲戒処分にする。

 防衛省の町田一仁人事教育局長と陸上幕僚監部の藤岡史生人事教育部長は29日夕、都内で五ノ井さんと面会し「大変申し訳ございませんでした」と謝罪。五ノ井さんは「本当に遅い。今後二度とないよう根本的に改善してほしい」と涙ながらに訴えた。