防衛省は29日、中国とロシア両国の海軍艦艇計7隻が28日以降、鹿児島県沖の大隅海峡を抜けて、東シナ海に入ったと発表した。これまでに伊豆諸島付近など太平洋側を航行するのを確認していた。