防衛省統合幕僚監部は29日、中国とロシア両国の海軍艦艇計7隻が28日から29日にかけて、鹿児島県沖の大隅海峡を西向きに航行し、東シナ海に入ったと発表した。東シナ海では隊列を組んで航行した。7隻は伊豆諸島など太平洋側で確認されていた。

 7隻は今月上旬以降、日本海からオホーツク海へ移動。さらに太平洋側へ進み、ロシアが公表した中ロ両国による太平洋での合同パトロールの一環とみられる行動を取った。防衛省は、中ロが連携した活動を強めているとみて警戒している。

 防衛省によると、7隻は中国のミサイル駆逐艦など3隻とロシアのフリゲート艦など4隻。