東京都北区のJR赤羽駅で、ホームに掲示された横断幕に在日朝鮮人を中傷する差別落書きが見つかったことが30日、JR東日本などへの取材で分かった。同社によると、赤羽駅の係員が指摘を受け、既に消した。いつ書かれたかは不明。

 落書きの相談を受けた東京純心大の佐野通夫教授によると、赤羽駅を利用する朝鮮学校の男子生徒が9日に「朝鮮人コロス会」と書かれているのを見つけた。生徒は「怖かった」と話している。

 佐野教授は「実際に被害を受ける恐怖が在日社会にある。決して許されない行為だ」と話した。