気象庁は29日、前線や低気圧の影響で西日本は大気の状態が非常に不安定になるとして、注意を呼びかけた。東日本の太平洋側でも30日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうが降る可能性があるとしている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が対馬近海にあり、東北東に進んでいる。別の低気圧が29日に四国付近で発生し、30日にかけて東日本へ進むとみられる。こうした低気圧や前線に向かって暖かく、湿った空気が流れ込み、大気が不安定になる地域がある。