和歌山県は30日、和歌山市の養鶏場で見つかった高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例に関し、遺伝子検査で陽性を確認したと発表した。県は30日午前9時過ぎ、この養鶏場で飼育している採卵鶏約4万6千羽の殺処分を始めた。国の遺伝子解析で高病原性かどうかの確認を進める。

 県内では白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で高病原性鳥インフルが確認された。養鶏場での鳥インフル確認は今季初めて。

 県によると、養鶏場から県の家畜保健衛生所へ29日午前、複数の鶏が死んでいると連絡があり、簡易検査で陽性だった。