東京都八王子市の東京都立大南大沢キャンパスで都立大教授の社会学者宮台真司さん(63)が首を切られて重傷を負った事件で、男に後頭部や右膝なども切り付けられたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。背中に打撲の傷があり、警視庁捜査1課は執拗に襲ったとみて、殺人未遂容疑で男の行方を追っている。

 捜査関係者によると、事件は29日夕に発生。宮台さんはキャンパス内の歩道を歩いていて、後ろから頭を殴られた上、刃物で複数回切り付けられた。左脇も切られ、両腕には抵抗した際にできる防御創が多数あった。「暗がりだったので犯人については分からない」と説明しているという。