新型コロナを徹底的に抑え込もうとする「ゼロコロナ」政策や、中国共産党の独裁的な統治に抗議するため、在日中国人らが30日、東京都新宿区のJR新宿駅周辺でデモを行った。強権政治に対する抵抗の象徴である白い紙や「自由と人権」などと書かれた紙を掲げ「習近平やめろ、共産党やめろ」と日本語や中国語で声を上げた。

 中国当局に身元を特定されないよう帽子やマスクなどで顔を隠している参加者も多かった。集まった多くの人で歩道は埋め尽くされ、周囲は一時騒然とした。

 9月に来日した20代の男子留学生は「世界中が応援してくれている。自由を得るためのチャンスだ」と言葉に力を込めた。