事業者向け電力販売でカルテルを結んだとして、公正取引委員会が独禁法違反で中部、中国、九州電力に通知した納付命令案の課徴金の総額が、過去最高の約1千億円に上るとみられることが1日、関係者への取材で分かった。