東京都江戸川区の水道工事現場で6日に起きた爆発で、マンホール内の地下約25mに閉じ込められていた30代の男性作業員が救助されたが、搬送先の病院で死亡した。死者は2人になった。東京消防庁によると、マンホールの中には可燃性のガスが充満していたほか、一酸化炭素も検出されたという。警視庁が業務上過失致死の疑いも視野に原因を調べている。

 警視庁によると、爆発は6日午前、江戸川区船堀6丁目の都水道局発注の工事現場で発生。男性作業員2人がマンホールの中で作業中だった。老朽化したはしごの交換をしていたとみられる。50代ぐらいの男性作業員も搬送先の病院で死亡が確認された。