国による生活保護費の基準額引き下げは憲法違反として和歌山市の受給者10人が市による減額処分の取り消しと、国に1人5万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で和歌山地裁は24日、減額処分を取り消した。賠償請求は棄却した。