知人女性に性的暴行をしようとし負傷させたとして、不同意性交致傷罪に問われた元宮崎市議西本誠被告(37)の裁判員裁判論告求刑公判が21日、宮崎地裁であり、検察側が懲役7年を求刑した。弁護側は性的暴行が未遂だったことなどから執行猶予を求め、結審した。判決は24日。昨年4月の市議選で政治団体代表「スーパークレイジー君」として初当選した。

 16日の初公判で起訴内容を認めていた。今年2月に市議を辞職した。

 起訴状によると、昨年9月3日、宮崎市のホテルに連れ込んだ知人女性を押し倒し、馬乗りになるなどした上、性的暴行をしようとし、左手に約3週間のけがを負わせたとしている。