「学校安全の教訓となる画期的な判決」「人災と主張した遺族の怒りをくみ取ってもらった」。高校生ら8人をのみ込んだ栃木県那須町の雪崩事故で、宇都宮地裁が30日に言い渡した判決は、遺族が望んだ実刑だった。遺族らは判決後の記者会見で、1年半以上続いた公判をほっとした表情で振り返った。

 かつて生徒らを雪山に率いた3被告は、いずれも黒いスーツ、白のマスク姿で伏し目がちに法廷に入った。被害者参加制度で対面の検察側席に座る遺族10人から厳しい視線にさらされながらも一礼し、着席した。

 滝岡俊文裁判長が「禁錮2年に処する」と告げると、猪瀬修一被告(57)はうつむいて少し体を揺らし、菅又久雄被告(55)と渡辺浩典被告(61)は前を向いて微動だにせず聞き入った。

 計18回に及んだ公判。遺族らは、責任の所在を明らかにしてほしいと毎回のように出席した。判決文が読み上げられると、遺族席からすすり泣く音が聞こえ、目元にハンカチを当てる姿もあった。