山梨県は13日、富士山の山梨側登山道「吉田ルート」の5合目に、入山規制ゲートを設置する工事に着手した。7月1日の山開きに向け、混雑解消や、夜通しで山頂を目指す「弾丸登山」防止が狙い。ゲートにより、午後4時から午前3時まで山小屋の宿泊予約者以外の通行や、1日当たりの上限4千人を超えた場合の入山が制限される。

 県によると、ゲートは幅約8メートル、高さ約1.8メートル。6月17日に完成する見込み。

 今夏から、県は条例に基づき通行料2千円の支払いを義務化。県などが運営する「富士登山オフィシャルサイト」で登山前日まで予約できる。