12日午後5時45分ごろ、埼玉県越谷市大沢の住宅に設置されていた高さ約1メートルのフェンスが幅約14メートルにわたって倒れ、近くで遊んでいた小学生の男児(10)が頭部を骨折するなどの大けがを負った。越谷署が原因を調べている。

 署によると、フェンスは住宅敷地と道路の境にあり、基礎部分のコンクリートブロックごと道路側に倒れた。近隣住民が119番し、男児は病院に搬送される際、頭部から出血し意識がもうろうとした状態だった。

 現場は東武伊勢崎線の大袋駅から南東約1.5キロの住宅街。