静岡県富士市の私立富士見中高で、生徒や保護者計約100人が嘔吐、下痢など食中毒の症状を訴え、検査を受けた生徒の半数からノロウイルスが検出されたことが14日、分かった。2日に行われた同校の文化祭で提供された食品が原因の可能性があるとしている。

 同校によると、5日に生徒約40人から嘔吐、下痢などを理由とする欠席連絡が相次いだ。また登校した生徒約50人や、文化祭に参加した保護者からも同様の症状の訴えがあった。7日、保健所の検査で生徒からノロウイルスが検出された。入院した生徒はおらず、14日までにほとんどが回復している。

 同校では2日の文化祭で、高3の全11クラスが模擬店で食品を提供していた。