愛知県の大学生に薬やアルコールを大量摂取させて殺害したなどとして、殺人と詐欺の罪に問われた南波大祐被告(33)は18日、広島地裁の裁判員裁判初公判で起訴内容の認否を黙秘した。