20日午後4時過ぎ、熊本市中央区の木造アパートの一室で「男性が亡くなっている」と119番があった。熊本県警によると、男性は現場で死亡が確認され、ベランダのバケツからは白骨化した性別不明の別の遺体が見つかった。

 この部屋に住む60代の男性、80代の母親と連絡が取れておらず、県警はこの2人の可能性があるとみて身元を調べている。

 熊本東署によると、男性はあおむけの状態で見つかり、目立った外傷はなかった。家賃が未納だったため部屋を訪れた不動産業者が、男性の遺体を発見した。

 署は白骨化遺体について、死体遺棄事件の疑いがあるとみて捜査を進める。